« C1 食とエネルギーの現状と課題① | トップページ | F9 経済社会のあり方 »

2009年9月24日 (木)

C00 「食とエネルギー」メニュー

「食とエネルギー」についてセットで考えるのがこのセッションです。

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
食料自給率は40%、エネルギー自給率はわずか4%(原子力を入れても19%)です。  
これから迎えるグローバル食料危機やエネルギー需給ギャップによる価格高騰に対しタフネスがほとんどありません。 金さえ払えばいつでも手に入ると思っていたら大きな誤りです。 
  
 しかも、日本の農業従事者は高齢化が進み65歳以上が6割を超えました。  
しかし後継者の育成や、豊かな自然に育まれた中山間地農業の維持は困難な状況にあり、今後10年以内に農地が激減するリスクが高まっています。 
 また現代の農業はエネルギーや化学肥料の輸入なしに生産できない状況になっています。ゆえに「食とエネルギー」は不可分の関係となっており、かつ日本の持続可能性を左右します。 
  
このような現状と課題をきちんと認識したうえで、解決の方向性を皆でディスカッションしましょう。
 <p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>  
メニュー (クリックするとリンクします)
 第7回検討会レポート

C1 食とエネルギーの現状と課題①
C1 食とエネルギーの現状と課題②
C2 化学肥料に頼らない農業の可能性
C3 農業の担い手と農業政策
C4 農地と農家の確保
C5 輸入が減っても食料確保
C6 エリア毎「食 x エネルギー x 産業」

<p><p><p><p><p><p><p>スライド 1</p></p></p></p></p></p></p>

|

« C1 食とエネルギーの現状と課題① | トップページ | F9 経済社会のあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253869/31779354

この記事へのトラックバック一覧です: C00 「食とエネルギー」メニュー:

« C1 食とエネルギーの現状と課題① | トップページ | F9 経済社会のあり方 »