« B1 世代間格差の現状と課題③ | トップページ | B1 世代間格差の現状と課題① »

2009年9月 8日 (火)

B1 世代間格差の現状と課題②

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
続いて、「資金」軸での世代間格差を考えてみましょう。
 

■高齢者は多くの金融資産を保有しているが負債は少なく、資金面ではユトリがあると言えます。

Photo


<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
出典:社会保障国民会議 資料

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>60歳以上では、[貯蓄ー負債]が プラス 約2000万円の黒字、
30歳未満、30~39歳ではいずれもマイナスで赤字です。

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
また、年間収入は60歳以上のシニア世代30~39歳の子育て世代とで、あまり差がありません。
⇒「シニア世代は金も時間も余裕があって優雅に暮らしているけど、不公平ではないか。」という若者世代の意見が生まれるゆえんです。

ただし、すべてのシニア世代が裕福なわけではありません。

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
公的年金や恩給だけに頼って生活している世帯が6割以上です。

9

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 13</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
出典:平成21年度版 高齢社会白書
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2009/zenbun/pdf/1s2s_2.pdf
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 14</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

----------------------------------------------------
高齢者の家計も苦しいという世帯が
 26%、 赤字でたいへんという世帯が4割です。ただし、ゆとりがあるが1割、まったく赤字にならない世帯が26%います。

Photo_3


<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 14</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 14</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>--------------------------------------------------------
また、高齢者の貯蓄額も世帯により大きく異なり、下の図の左側のように
貯蓄が1000万円以下の世帯が35%あります。
1000~2000万円の世帯が22%ですが、老後の医療や介護への備えという点ではまったく余裕がないのが実情です。
 ⇒この老後への不安を無くすことが必要です。
 
いっぽうで貯蓄が4000万円以上の高齢者世帯も17.6%あります。
 ⇒このような世帯の資産はもっと社会に還元して欲しいところです。

10_4

------------------------------------------------------
もちろん、日本が高度経済成長期に骨身を惜しまず働いた人たちがいたから現在の日本があるという意見にも共感します。
しかし、現在の日本では、普通に家庭を持つことが難しい状況の人たちもたくさんいます。シニアの方にはそういったことも理解してもらって、若い人たちへの配分を増やす意識も持って欲しいと思います。

<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 15</p></p></p></p></p></p></p></p>

近年は非正規就業者が増えてきましたが、結婚割合が低く、特に男性では正規社員の半分程度となっています。

Photo_4

出典: 小林庸平氏 「世代間格差の現状と課題」資料

<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 15</p></p></p></p></p></p></p></p>
裕福な高齢者の方は、20~30代の生活環境の辛さも理解していただき、若者への支援を考えていただきたいと思います。

------------------------------------------------

■日本の社会保障支出は高齢者向けが多い

 ・社会保障支出のGDPが全体としても低い
 ・年金、医療、介護の高齢者向けが相対的に多い
 ・若者向けの「家族・教育・労働」への支出が少ない

1

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 14</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
出典: 小林庸平氏 「世代間格差の現状と課題」資料
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 15</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

---------------------------------------------------------

下図の家族関係支出のGDP比率をみても,日本は極めて低いことが分かります。
スウェーデンは言うまでもなく、イギリス、フランスのGDP比3%と比べても、日本はわずか0.8%! ・・・・・1/4です。
なお、アメリカも数字上は低いですが、民間団体の寄付や慈善活動で政府支出の少なさを補っているので、日本ほど貧弱ではありません。

「ヒトへの投資」という視点が極めて弱かった結果と言えるでしょう。

1_2

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 15</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
出典: 厚生労働省 「平成21年 少子化白書」

----------------------------------------------------------------------

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 15</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
最近、「コンクリートからヒトへ」というメッセージが新政府から出されていますが、21世紀の少子高齢化の時代を生きていくには大切な視点だと思います。
 
皆さんはこれらのデータを見てどう思われますか?

この続きは以下のページをご覧ください。

⇒ 世代間格差の現状と課題 ③


-----------------------------------------------------
 

 

|

« B1 世代間格差の現状と課題③ | トップページ | B1 世代間格差の現状と課題① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B1 世代間格差の現状と課題②:

« B1 世代間格差の現状と課題③ | トップページ | B1 世代間格差の現状と課題① »