« C1 食とエネルギーの現状と課題② | トップページ | C00 「食とエネルギー」メニュー »

2009年9月24日 (木)

C1 食とエネルギーの現状と課題①

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
第7回検討会
「食とエネルギー」のプレゼン要旨を紹介します。
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>⇒ 第7回「食とエネルギー」中山 プレゼン
 
<p><p><p><p><p><p>スライド 1</p></p></p></p></p></p>
[コンテンツ
 1.食料自給の現状と課題
   ・低い日本の食料自給率
   ・減少する農地と担い手
   ・追いやられる農業(一次産業)
   ・世界との関係抜きに成り立たない農業
 2.エネルギー自給の現状と課題
   ・低すぎるエネルギー自給率
   ・高まるエネルギー供給リスク
   ・弱すぎるエネルギー安全保障
 3.「食とエネルギー」今後の課題

================================================================
①自給率の問題

・日本の食料自給率はカロリーベース40%
 主食用穀物自給率でも 60%レベル 
 飼料用を含む穀物自給率はわずか 28%

1_2

 
・特に小麦、大豆、とうもろこしは自給率が低い

2_2


・先進国であるフランス、アメリカは100%超、
 工業国の印象があるドイツ90%超、島国イギリスでも70%超

3_2


・日本国内でも地域ごとに自給率は異なる
  (北海道195%、東京1%) 
 →食料争奪が起きたら東京は食べていけない状況となる

4_2


・日本でも昭和40年の自給率は73%だった
 自給率低下の主要因は食生活の変化
  ~米食半減
  ~肉食増加 
  ~油脂類の消費増
  ~魚介類の国内生産減

5_2

・自給率の低下の要因として廃棄率の高さもある
  (約4割が食べられるのに捨てられた)

6_2

先進国でも自給率の高い国はあり、日本もかつては70%の自給率だった。
自給率の低下は、日本の食生活の変化も大きい。
おかずが贅沢になり食べ
残すようになった。
食べ残しをやめてコメを食べよう!

********************************************************


<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
②農地と担い手
 
・そもそも日本は山が多い国
  森林が国土の64% 欧州諸国にくらべて圧倒的に山国
  農地はたった1割しかない

7

・しかも、農地は転用、耕作放棄によりますます減少
  その上、作付しない田畑も増えている

8

 
・日本の農地面積の43%は中山間地、うち稲作が66%

9


 
・農業従事者の高齢化(65歳以上が60%)
 →このままでは、10年後には農地が激減するリスク大です

10

 
 日本は、工業中心の先進国のイメージがあるが、実際には森林が多く、山あいの耕作しにくいわずかな農地で高齢者が頑張ってコメを作っているのです。

-----------------------------------------------------------------
 
 
③一次産業の構造問題
 
・農林水産業のGDP 5.6兆円で、全体のわずか1%

11

・食料関連産業のGDPは50兆円で、全体の10%
 生産者の取り分が少ないことが農家が儲からない一つの要因
・農水省予算は 2.9兆円だが、農家に直接渡るのはほんの僅かという構図

12

 
 
・農業だけで生計を立てる農家は約43万世帯
 副業農家が 約150万世帯
 →年金+自家消費中心の生活

13


・稲作は耕地面積が大きくないと収益性が悪い
 ⇒ ゆえに、大規模農家、集落営農を奨励してきた
・稲作は地代、種苗費、土地改良、水利費などの負担大
・農機具、肥料、飼料などのコストは上昇

14


 コスト高なのに販売価格は上がらず、専業農家では食べていけないので担い手が減少しています。

---------------------------------------------------------------
次に続きます。
⇒ C1 食とエネルギーの現状と課題②


 
 
<p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p>

|

« C1 食とエネルギーの現状と課題② | トップページ | C00 「食とエネルギー」メニュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253869/31490478

この記事へのトラックバック一覧です: C1 食とエネルギーの現状と課題①:

« C1 食とエネルギーの現状と課題② | トップページ | C00 「食とエネルギー」メニュー »