« F9 経済社会のあり方 | トップページ | B02 「子ども家族政策の問題点と解決策」 »

2009年10月 6日 (火)

B02 「福祉と財政の両立」検討の視点

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

第9回検討会「福祉と財政の両立」
グループディスカッション検討の視点

<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p></p></p></p>
≪テーマ案≫
 ◎日本の財政赤字は問題か?問題だとしたらどう解決するか? 
 ◎出産、子育て、扶養手当など、家族政策をどうするか?
 ◎限られた財源のなかで福祉をどう充実させるか?

-------------------------------------------------

<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p></p></p></p>
★ディスカッションに入る前の視点の提供
 
 財政赤字の総額を減らすべき
 ・毎年の利払いを減らすのが自然ではないか?

3

 
  ⇒ ゆえに、常識的には元本を減らすべきではないか?

4

2009年の利払いは9.5兆円ですが、
2020年にの利払いは 16兆円に増加する見込み
⇒インフレすれば国債の相対価値が下がるという意見が良くあるが
 最近は利子連動国債もあり、利払いも同時に増加する。

将来的の大きく国家財政の重荷になるのので、
早いうちに、債務を減らすのが本筋である、

-----------------------------------------------------

5

 
 ・金融資産が 借金の2倍あるなら、金融資産で借金を減らすのが、
  普通の考え方ではないか?
   そもそも単年度の財政を税で賄っていれば借金は
   増えなかったはず。
   逆に言うと、徴税しなかったから、貯蓄が増えたとも言える。
    
  高齢者の金融資産は2000万円。
  17%は4000万円以上の金融資産を持っている。
  (6割が年金だけで暮らしていて、たいへんという面もあり、
   高齢者の世代内格差はとても大きい)
 
   ゆえに、大金持ちに協力いただくのが自然ではないか?

6    8

  

-------------------------------- -------------------------------

 9

 

=============================================

 家族関係政府支出
 ・日本の家族関係支出は少なすぎる
  → ヨーロッパ水準で考えれば、+10兆円でもよいぐらいである。
 
 ・現金支給もさることながら、現物支給が重要である
  → 保育の無料化、待機児童ゼロ化など、誰でも恩恵が受けられる
    仕組みの充実をすべきである。

11

12

--------------------------------
 
 労働時間の短縮
 ・日本の労働時間は長すぎるし、働き過ぎ。
  →労働時間を1600時間に、 
  定休日、残業なし日をきちんと定めて
    ワークライフバランスを確立すべきである。

13

14

15


=================================
 
 高齢者福祉施策の費用
 ・高齢化の進行により、医療、介護、年金、いずれの金額も増える
 ・負担論ばかりが先行し、これが悪という捉え方がされている
 ⇒医療・介護は雇用の創出という見方もできる。
     ・・・すなわち、三次産業のGDPを押し上げる要素である
 ⇒年金は、使われれば社会に還元される金であり、
    貯蓄に回って埋もれない仕組みを考えたほうが良い 
    (高齢者の安心感を高めることが同時に必要であるが)

17

 
------------------------------------------
 社会にシニアパワーを活かす
 ・シニアの財力と知力を社会に活かせる仕組みが欲しい
  →コミュニティーにシニアが出てくれば、若者も助かる
  →生きがい場があれば、老化も防げ医療費も下がる
  →地域も活性化する
 

18

19

<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p></p></p></p>

----------------------------------------


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
検討の視点に関するご意見、ご質問は
以下の「コメント」欄にお願いします。
  ↓   ↓  コメント  ↓   ↓

 

 

|

« F9 経済社会のあり方 | トップページ | B02 「子ども家族政策の問題点と解決策」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253869/31880575

この記事へのトラックバック一覧です: B02 「福祉と財政の両立」検討の視点:

« F9 経済社会のあり方 | トップページ | B02 「子ども家族政策の問題点と解決策」 »