« F02 「経済の全体像」検討の視点 | トップページ | A01 「目指す国のカタチ」ディスカッション »

2009年11月 8日 (日)

F01 「経済の全体像」ディスカッション

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
第11回検討会「経済の全体像」

2030ビジョンプロジェクトのコンセプトは 
「経済成長に頼らなくても、人々が幸せを実感し将来に希望を持てる社会」 
を実現することです。

 
そこで、どういう社会を目指すかを考えるために、
経済のあり様」についてディスカッションをしました。
 
その内容をご報告します。

ここでいっている「経済」は単にお金の話ではありません。
 
「経済」=「経世済民」・・・世をおさめ、民をすくうという意味です。
本来、経済は人々に幸せをもたらすことが目的です。
皆が何で稼ぎ、どう使い、そして人々の暮らしはどうなるのか? 
どういう社会を目指すのか? 
を皆さんもご一緒に考えてみませんか?
 
 

10月31日
 第11回検討会のレポートをご覧ください。
 
またディスカッションの前提となる「検討の視点」もご覧ください。
⇒「経済の全体像」検討の視点

 
● ”2030ビジョン”プロジェクトが目指すもの
 ● 経済をどう捉えるか
 ● 日本経済の足跡
 ● 今後への視点

   などを述べています。
-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------
以下が検討会のメーンであるグループディスカッション結果です。
■■ グループディスカッション ■■

≪ディスカッション内容≫ 
1.以下の三つのシナリオのプラス(良い点)、
  マイナス(悪い点)をどう捉えるか?
2.今後の経済が目指す姿をどう考えるか?
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
-----------------------------------------

≪三つのシナリオ

18_2

----------------------------------------------------------

19

-------------------------------------------------------

A


=================================================
グループディスカッション
=================================================
★ディスカッション全体を通して言えることは、
 
 ◎ 経済は人びとが幸せになるためにある
   経済(GDP)は結果論である。 
   GDPを高めることが目的化すると社会がおかしくなる

  右肩上がりや右肩下がりは目指すものではない
  ○ 無理なく成長ができるなら悪いことではない
  自給自足、閉鎖経済が良いとも思えない

  ○ どのシナリオが良いかというよりも、
   どのような事態にも対処できる用意が大切
 
重要なことは
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p> スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
 ◎ 個人個人が理想の生き方をイメージすること
 ◎ 国としての将来像を描き、個人の不安をなくすこと
 ◎ 多様性を尊重できる社会をつくること
=================================================

=================================================
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
ディスカッション グループ①
  武富(発表)、繁田、西塚、近藤(まとめ)

■ディスカッション内容
 
●事象の列挙と考察
 ・ 長短の両方が考えられる要素も(黄色い枠)。
   ②縮小時でも個人あたりの所得が減らねば、やりようがある。
   またマイナス面がはっきりと現れるまで、その傾向に多くの人は気づかない。
 ・ ①成長時なら指導者に委ねていた多くの物事が、
  ②縮小時には個人の判断に任されることが増えるだろう
 ・ずっと成長するわけではなく、サイクルがある。
 

●ソリューション
 ・ 経済サイクルの輪を小さくすることが、変化を弱めることになり、
  人の幸せに繋がるのではないか。
 ・ ②では、既存体制のマイナス面を経験しているため、同じ轍を踏む可能性が低く、
  人の繋がりや循環に重きを置いた発想を取り戻しやすい。
 ・ 別の価値観つまり③から学べば、次のプラスへつながるのではないか。
  ②縮小時こそ小さな発言力からの知恵や新しい価値観を取り入れるチャンスである。
 
 
経済縮小期が来たならば、過去を学び、
  未来の良いサイクルに繋げるべく
  価値観を改める機会ととらえることが肝心。
  一時の回り道もいいのではないだろうか。 

203020091031

■プレゼンテーション
 「シナリオ①経済成長
  生活がさらに豊になり、希望も持てて、税収も増える。
  国際的な発言力も維持できる。
  いっぽうで、格差が拡大し、景気に一喜一憂し破綻もありうる。」
 「シナリオ③自給自足型
  自然を尊ぶ心が芽生え、心豊かな生活で人の価値を高めることができる。
  いっぽう、封建的な階級社会に陥る可能性もあるし、食べ物の心配もいる。」
 「シナリオ②経済成長しなくても良い型
  バランス的に良く、一人当たり所得が減らなければ余裕を持った暮らしができる。」
 「大きな集団や強い集団に属さない人たちの声が活かされる社会をつくることが必要。
  いろんなシナリオを想定しながら、失敗から学べる未来志向の社会をつくりたい。」

091101_146
 
   西塚      近藤        
繁田       武富

========================================================

========================================================
ディスカッション グループ②  石橋(発表) 渋川  福田 増田 中山(纏め) 
 

■シナリオの対比
 
シナリオ①
 ○アングロ・サクソン型:
  成長志向を継続
   ⇒ 良さも悪さも引きずる
    ⇒ 自由主義経済が継続し、貧富の差が拡大

  シナリオ②
 ○ ヨーロッパ型高負担高福祉:
  現状の延長だが、利他愛のあるコミュニティーが期待できる
 
シナリオ③
 ○縮小均衡型: 
   鎖国共産主義的絶対君主主義に陥りやすい。
    ⇒奪い合い(マッドマックス)の世界になる?

1

 
■ディスカッション
 
 ◎経済成長は手段であって、目的ではない

 ◎
 ありたい姿を示して、成長しないことへの不安をなくせれば良い

 ◎再配分する良い仕組みと、
   再配分を可能とする経済レベル
があればそれで充分である。

2

 
■プレゼンテーション
 「経済成長は望ましいが、競争社会を加速し、争いが多発する。 
  また、環境が破壊され、地球が持たない。」
 「自給自足で江戸時代に近い社会というのも平穏で良さそうだが、 
  力の強いものが支配する武力社会に逆戻りするかもしれない。
  また、世界から孤立して生きていくのは現実的でない。」
 「そもそも経済は国を成り立たせる手段であって、目的ではない。
  GDPが生活とは繋がっていないのに、指標とするのはおかしい。
  GDPによらない尺度を考えた方がよい。」
 「皆が幸せになれる再配分の仕組みと、再配分を可能とする経済が確保できればよい。」

091101_162

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
     中山   福田    石橋    増田    渋川 
========================================================

========================================================

ディスカッション
 グループ③ 廣岡 嶋津 西村 蔭木(発表、纏め) 
 
1.GDPに関する3つのシナリオのメリットとデメリット
 
 シナリオ1「GDP拡大モデル」
 ■メリット
  ・ものが豊かにあり、イノベーションが生まれる(可能性が高い)
  ・現状の価値観に合っており、給料上昇・税収増等生活が楽になる(要素が多い)
  ・雇用が創出される、技術発展が生まれる
  ・向かっていく夢がある
 ■デメリット
  ・脱落の危険性、再チャレンジの難しさがある
  ・忙しい、疲れる
  ・実現可能かどうか分からない
 

 シナリオ2「GDP逓減モデル」
 ■メリット
  ・生活にゆとりができる、無理せず生きることができる
  ・円安になる
  ・余暇が増え、文化が栄える
 ■デメリット
  ・たくさん働くことができない
  ・給料が下がる、国債が残る
  ・不便な生活
  ・資産価値が下がる、世界で買い負ける
  ・(現在の価値観では)目指す夢がない
 
③シナリオ3「脱GDPモデル」
 ■メリット
  ・モノがない幸せ、花鳥風月を愛でる生活
  ・新しい文化
  ・地価が下がる
 ■デメリット
  ・化石燃料や物流に頼れず、現在の価値観から見ると非常に貧しい生活となる
  ・封建的な村社会に戻る、生活の範囲が狭くなる
  ・医療の衰退
  ・資産価値がなくなる、金融マーケットの消失
  ・戦争に負ける、植民地化が起こる

1_3

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
2. 3つのシナリオの実現可能性とその要因
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
 ① シナリオ1「GDP拡大モデル」
   ○ 人材をもっと流動的に活用できるようにする
    ・ NPO・非営利セクターの拡大
    ・ 政府を小さく
    ・ 官・民の人材シャッフル
    ・ ベンチャー活性化
    ・ 規制緩和
   ○ BI(ベーシックインカム)導入などで再チャレンジできる社会にする
   ○ 物流・貿易の活性化
   ○ 日本の強みの強化、日本に有利なエネルギー開発
 
 ② シナリオ2「GDP逓減モデル」
   ○ 全体的な視野から、社会の制度のきめ細かい再構築を
     行わなければならない
    ・ 国・行政自体/国・行政to民間等
   ○ 資産の再配分
   ○ GDP拡大を旨とする価値観からの脱却
   ○ 産業構造の転換
 
 ③ シナリオ3「脱GDPモデル」
   ○ 共産主義化・軍拡
   ○ 農業国化

3.理想の社会と3つのシナリオ
 
 ◎ 理想の社会
   ・ WLB(ワークライフバランス)
   ・ エネルギー自
   ・ 多様な価値共有が成されること
   ・ 子育て重視
   ・ 環境重視
   ・ etc.
<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
  どのシナリオでも、やり方によって実現できる
 ex)ワークシェアリングなどを導入しているフランスでもGDPは世界第6位、など

 ∵経済(GDP)は単なる結果論である!
 重要なのは、個人個人が理想の生き方をイメージし、あらゆる生き方が
  許容されるような社会にすることである。 
 そのためには社会制度の見直しなどの取り組みが必要である。

2_2

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p> 

■プレゼンテーション
 「人が有機的に動いて価値を生み出せる社会を目指すべき。」
 「理想とする社会は多様な価値観が共有され、環境を重視し、
  ワークライフバランスが実現すること。」
 「GDPは経済活動の結果として出てくるものだから、
  GDPが上がる、上がらないに拘ることはない。」
 「幸せとはなにか、どういう社会を目指すか、どう実現するか?
  をもっと考えて行きたい。」 

091101_167

    廣岡        嶋津         蔭木  (西村)

以上がディスカッション結果です。

--------------------------------------------------

==================================================

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p> 

==================================================

--------------------------------------------------

ディスカッションに対するご意見をお寄せください。

↓  ↓  ↓

下記のコメント欄にご記入ください。

よろしくお願いします。

 

 

|

« F02 「経済の全体像」検討の視点 | トップページ | A01 「目指す国のカタチ」ディスカッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253869/32121238

この記事へのトラックバック一覧です: F01 「経済の全体像」ディスカッション:

« F02 「経済の全体像」検討の視点 | トップページ | A01 「目指す国のカタチ」ディスカッション »