« A01 目指す国のカタチ原案 Ⅰ | トップページ | E5 第1回フォーラム「未来を作る教育のあり方」から繋がった今後の検討課題 »

2009年12月31日 (木)

A01 「原案の吟味Ⅱ」ディスカッション

<p><p><p>スライド 8</p></p></p>
12月27日「原案の吟味Ⅱ」ディスカッション
 
これまでの全13回のディスカッション内容を踏まえて、
「具体的取組の方向性」と「今後の進め方」を議論すべく集まりました。

 
年の瀬の慌ただしい中、14名の方にお集まりいただきました。
 
参加していただいたのは、
近藤、繁田(祥)、鵜飼、北村、西村(崇)、石戸谷、住本、菊地、
吉川、廣岡、河内、西塚、繁田(素)、中山 [敬称略]の皆さまです。

検討会の様子は以下のブログをご覧ください。
「原案の吟味Ⅱ」ブログ
 
初めの2時間は「具体的取組の方向性」の議論です。

1

上のような考え方で、「具体策の方向性」の内容を議論していただきました。

------------------------------------------------------------

Aグループのディスカッション結果は以下です。

纏め方そのものを再考したほうが良いのではないかとの意見です。

2

Bグループのディスカッション結果は以下です。

グローバルな視点が弱い、そもそも何を以って持続可能な社会と言えるのか・・・という問題提起です。

3_2

4

5----------------------

-------------------------------------------------------------

以上のディスカッションを踏まえて、全体ディスカッション。

① 纏め方について

6

② 今後の進め方について

Photo


--------------------------------------------------------------

いろいろと価値のあるご意見が出て良い検討会でした。

当初目標としていた「2009年末までに原案を完成する」には至りませんでしたが、今回のご意見をふまえて新年早々から原案の再吟味を致します。

また2010年の活動についても、以下のような考え方で進めたいと思います。

① 当プロジェクトならではのユニークな特徴を明確にする

② 皆でビジョンを考える活動を推進することで、共感の輪を広げる

③ 外部に向けたフォーラムや、現場に出向いて検討会をするなど、外との繋がりを広める

④ とにかく楽しい会にしていく!

 

|

« A01 目指す国のカタチ原案 Ⅰ | トップページ | E5 第1回フォーラム「未来を作る教育のあり方」から繋がった今後の検討課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253869/32810368

この記事へのトラックバック一覧です: A01 「原案の吟味Ⅱ」ディスカッション:

« A01 目指す国のカタチ原案 Ⅰ | トップページ | E5 第1回フォーラム「未来を作る教育のあり方」から繋がった今後の検討課題 »