2009年10月12日 (月)

D2 「人が活き活きする社会づくり」ディスカッション

「人が活き活きする社会づくり」

このセッションでは
 人が活き活きする社会とはどのようなものか?
 そのために地域コミュニティをどう活かしていくか?
ということを考えたいと思います。

9月18日第8回検討会は以下をご覧ください。
⇒第8回検討会レポート
 


ディスカッションの前提は以下になります。


<p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p> D0 「人が活き活きする社会」に向けて ============================================
<p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p>
グループ①
テーマ 「若者・子ども・年よりがツナガリのある街」
 
≪現状≫
 皆、将来に不安がある
 ・若い人は将来が不安で、消費せずに貯金をする
 ・豊なシニアも、医療・介護など将来が不安でお金を使わない
 ・働き盛りは仕事が安定せず雇用に不安がある
  また、自己実現や競争から取り残される不安がある
 ・子育てができる経済的余裕がない
 
 子育て・教育に自信がない
 ・頼れる人が周りにいず何が良いのかほんとのことが分からない
 ・子どもを見てくれる人がいない。
 ・コミュニケーションが難しく公園デビューができない
 ・出産はリスクがあり、心配だ
 ・大人の視点だけで街がつくられていて子育てしにくい
 ・学校教育への不安、公立学校への不安がある
 
 利己的な価値観が支配している
 ・自分だけ良ければという人が増えてきた
 ・人の気持ちを分かろうとしない
 ・保育園・公園はうるさくて迷惑という人が出てきた
 ・すぐに他人に腹を立てる、切れやすい。
 ・子どもは自分の所有物だと思っている
 ・「豊さ=お金」の気持ちが強い
 
 人の繋がりが弱い
 ・核家族化で他の世代のことが分からない
 ・仲の良い友人としか付き合わない
 ・地域住民の触れ合う場がない
 ・世代を超えて交流できる場がない
 ・近所付き合いがほとんどなく、隣人が誰か知らない
 ・社会の中での信頼関係が欠如している

 
●街・環境が充実せず暮らしの基本が危うい
 ・人が減って街がさびれる
 ・大規模郊外モールができて、シャッター通りが増える
 ・施設がない、作り維持する金がない。近くに役所がなく不便
 ・田舎では近くにスーパーがない
 ・安全・安心なお店が少ない
 
【現状に対しての課題】
 ✔ 若い人も年よりも将来が見通せない
   ・政治も示さないし、自分たちにも分からない
   ・将来への想像力が働かないことも問題がある
 ✔ 人の繋がりが弱く、若い世代は子育てや教育にも自信を持てない
 ✔ 雇用や収入が不安定で、結婚・子育てもままならない
 ✔ 街・住環境もちぐはぐになってきて、住みにくさが増している

==================================================

<p><p><p><p><p>スライド 4</p></p></p></p></p>
≪解決に向けて≫
 
◎子育て・教育も皆で面倒をみる
 ・地域コミュニティーを活かす
 ・親たちの垣根をとること
 ・ソーシャル資本をもっと活かす
 ・シニアの知恵や時間を活かす
 
◎職住近接が自然
 ・日が暮れると家に帰るのが自然な姿
 ・労働時間を短縮すれば良い
 ・地域の中に働く場があればよい
 ・昔の農家のような生活がよい
 ・生産者⇔消費者が近づく
 
◎街・環境を充実させる
 ・地域にお店がある
 ・祭りや共有するイベント、集う場がある
 ・自治体がNPO化
 ・市民が取り組む事業仕分け
  →成果の一割は住民に還元 (地域通貨などで)
 
◎シニアを社会に活かす
 ・シニアが働き易い社会として、シニアの就業率を高める
 ・老若男女が触れ合う場をつくり、出産⇒老いまでのライフサイクル
  を学ぶことができる。
 ・シニアの就業率が高いと医療費も低くなる
 
◎未来を考える場をつくる
 ・新たな気づきができるようにファシリテ―ターを育てる
 ・20~30年後を考える場を持つ
 ・ゲームによるリアルシティーのシミュレーションも面白い
 ・コミュニティビジネス・トークライブ
 ・不安の共有 ⇒相互理解 ⇒未来へ向けて一緒に行動
=========================================================================
 
【提案】
 ✔ 地域コミュニティの対話の場を通して
    互いを知り、支えあう気持ちを持つ
 ✔ 職住近接で街・環境を充実させる
    (自然豊かなゆとりある暮らし)
 ✔ シニアが街に出て、街のために働く   
    ⇒生きがいが出て病気にもならない
 ✔ 街の将来を自分たちで考え、
    自分たちで経営する意識を持つ
=================================================================

Photo



*****************************************

<p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p>
②グループ 
テーマ「地域資源を活かした新しい職づくり」
 
1、コミュニティビジネスの現状
 ・ 根付きにくい文化の違いがある  
   =寄付文化がない
   =コミュニティビジネスに対しての理解不足
   =事業として取り組むとき信頼されにくい

2、地域の課題
 ・自治体職員が理解できない
 ・市民と行政が遠い
 ・行政政策が市民に伝わりにくい
 ・地域内での派閥争いがある

3、地域再生への取り組み
 ・まちの再構築、ブランディングをする
 ・刺激をあるまちにして若者を呼ぶ

4、地域活性化の成功例
 ・産官学連携でバーチャルタウン構想
 ・地域内SNS 行政からのお知らせを一元化
 ・ITタウン コミュニティ まちゼミなどのしかけづくり
 ・バーチャルとリアル(オフ会)を組み合わせる

5、成功のポイント
 ・地域に根ざした社会作り
 ・地域資源を外から見つける(若者視点)
 ・東京と同等化せず地域特性を活かす
==================================================
★キーワード
 ✔ 教育 
 ✔ 若者
 ✔ 持続可能なビジネスモデル

★事業化のコツ★
 ✔ まず熱意を持って夢を語る
 ✔ 周りをいかに巻き込んでいくか(1人では何もできない)
 ✔ 資本を借りる勇気
 ✔ 資本提供したくなる思いを伝えること 
===========================================================================

****************************************************************************

<p><p><p><p><p>スライド 5</p></p></p></p></p>
③グループ 
 テーマ「住み慣れた場所で安心して暮らせる街づくり
『現状』
 
●高度成長を支えてきた企業戦士の複雑な想い
  ・自分たちは国力向上や会社の業績、家族の生活向上のため  
   家庭も顧みず必死になって世界と戦ってきた。
  ・しかし、今日本社会は疲弊してしまってマイナス面も目立つ。
   これが自分たちが必死に得ようとしてきた社会なのだろうか?
   (地域のつながりや家庭での自分の居場所もないし、
    自分の娘を見ていると子育ても相当大変そうだ
 
●子育て世代の悩み
  ・右肩下がり社会への不安これから子育て費用の支出に
   耐えられるのだろうか?
  ・子育てする専業主婦の孤立相談する人や面倒を見てくれる人
   がいない
  ・専業主婦がいる世帯には使いにくい行政サービス
   (働く女性に偏った行政施策)
 
●結婚前世代の悩み
  ・(上の話題もあり)結婚しても大丈夫なのか確信が持てず、
   結婚に踏み切れない。
 
●大学生から見た現状
  ・自分の姉は高卒で、相手も高卒だった。
   いわゆるキャリアでない世帯だと目先生きていく(暮らしていく)
   ことにむかわざるを得ず、未来のことを考えている余裕はない
   ように見える。
 
●お金の流れから見た問題点
  ・これからの少子高齢化社会の中で、日本国民が食べていくため
   にはするにはどうすればいいか?
   (日本国内の成長分野医療・介護・福祉だけでは国民が
    食べていくことは難しい。だから海外との取引は継続的に必要。
    したがって、鎖国論は難しい。)
  ・これ以上国の借金が増やせないなかで、どのようにお金を流せば、
   一人一人が豊かさを認識し、暮らしていけるだろうか?
  ・今、世間に流れている成長放棄では、国民が食べていくことは
   難しいのではないか。

========================================================
【解決策】 
 地域で支え合うこと
  ・国の金は湯水の如く湧いてこないので、
   地域で頑張ることが必要!

 住みやすい地域(社会)を作るには教育が大切
  ・生活に根付いた基本的な教育を子どもの時から
   ~ゴミの分別、環境への意識
  ・地域に対する愛着も生まれ、地域の絆を伴った、
   より住み易い地域になっていくのではないか。

========================================================
***********************

以上が、第8回グループディスカッションの結果です。

皆さまのご意見をお寄せください。

 ↓   ↓  コメント  ↓   ↓

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

D0 「人が活き活きする社会」に向けて

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
このセッションでは
 人が活き活きする社会とはどのようなものか?
 そのために地域コミュニティをどう活かしていくか?
ということを考えたいと思います。

9月18日第8回検討会は以下をご覧ください。
⇒第8回検討会レポート
 
 
第8回検討会プレゼン資料は下記になります
<p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p>
-------------------------------------------
①「人が活き活きする社会とは」
  ・・・求める社会像と生きがいの持てる地域/街づくり
 
はじめに
◎22年後の幸せとはなんだろうか?
 22年前の1986年に対して
   我々は幸せになったのだろうか?
    ● モノは豊富になり
    ● 情報はたくさんあり
    ● 経済的には成長した
      はずだが、果たして幸せになったのだろうか?
 
  
  ★現代は、22年前より幸せなのでしょうか?

1

 
◎人が活き活きする国づくり
  人は何のために生きているのだろうか?
 
  現代人は生命の基本を忘れつつあるのではないだろうか?

2

◎どんな社会を目指すのか?
 ◎将来に不安がない
  安心して子どもを産み育てることができる
   ● 食えなくなるという不安がない
   ● 老後に不安がない

 
  ◎皆が幸せを感じる
  毎日の生活が充実している
   ● ココロにゆとりがある
   ● 人の役に立っていると感じられる

 
「1人ひとりの活き活きが、街の活き活き、社会の活き活き」
 ⇒逆に言えば、個に光が当たらないといけない。

3

 

◎ライフステージごとの
ありたい姿 
  生まれ・・・   育ち・・・   生きて・・・
       はたらき・・・  人と交わり・・・  子を残し・・・
         そして次の世代に引き継いでいく・・・
 
 
  次世代に
を引き継いで行く
  サイクルを回すことが「生命の基本」
 
 ⇒しかし、現代人はこの基本を忘れつつあるのではないでしょうか?

4

-------------------------------------------------------------------
■日本の将来推計人口と課題
 ・2030年には 総人口が 10%減少 (中位推計)
    生産年齢人口が 20%減少 (中位推計)
 
 ・人口は減少してゆくが、それ以上に労働力の減少が大きい・・・

5

○世界の先陣を切って高齢化の道を歩む日本
 ⇒世界のモデルとなる社会をつくるチャンスでもある

6


 
 
○加齢とともに、要介護・要支援の割合は増えてゆく

7

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>
⇒結果として
 医療・介護の費用が増えていく
 
 ・負担論ばかりが強調されるが、 これは同時に雇用創出でもあり、
  将来に対する不安だけが一人歩きするのは 間違っているのではないでしょうか??

8

 
◎また高齢化により独居老人が増えていくことにもなる
 ・2030年には 730万人と 倍増するが、その多くは女性である。
 ・いっぽう、施設に入ることを望まない人が半数以上であり、
  在宅ケアや地域コミュニティで支えることが今まで以上に求められます。

9

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

=========================================================

●子育てについて考える
 
 出生率が下がり続けているのはご存知のとおり

10

 出生率は全国一律ではなく、東京は出生率が低い。
  →出生の前段階である結婚率も低い
  →区部はさらに低く、 1.0未満のところが多い
 沖縄は 出生率1.75で、子育てには良い環境と言える。

11

 
 出生率の数値だけだとピンと来ないが、
  2030年 出生数 70万人に対して、死亡数は160万人。
  誕生祝いの 2.3倍 葬式をやるというのも寂しい社会と思える。

12

 
●このままいけば、2030年には  
  75歳以上が人口の 2割  
  14歳以下が人口の 1割
  ⇒ もっと若ものを増やさないと、バランスが悪いと感じませんか?

13

 
○日本の家族関係社会支出はヨーロッパに比べて低すぎる。
 ・フランス並みと考えれば、 4兆円⇒ 14兆円でも良い。
  ※フランスは施策が成功し、出生率は 2.02 に回復した
  子育て手当て+保育施設の充実+就学前教育の無償化など
  が功を奏している。
  ※アメリカは政府支出が少ないが、民間支援が多いことと
   中南米出身者の出生率が高く、全体としては2.0レベルにある

14

○日本は産み・育てにくい国です。

15

 
●出産育児が難しい原因はいろいろありますが
 「子どもを大切にする感覚が希薄化している」ことが大きく、
  さらに言えば、「結局、女性の立場が弱いこと」が根本原因だと思います。
 法的にもきちんと機能するようにすべきですし、社会全体の意識を変える必要もあります。
 ※欧州の例から考えれば、女性議員の比率が一定以上(例えば3割)
  になるとかなり変わるという面もあります。

16

<p><p><p><p>スライド 2</p></p></p></p>
==================================================
◎結婚しにくい、しない人が増える日本

●このままいくと、2030
 男性の3割、女性の2割が生涯独身に・・・

20

●結婚しない、できない原因は何だろうか?
 「適当な相手に巡り合わない」、「価値観の会う人がいない」
 「自由を失いたくない」 ・・・など、いろんな要因がありますが、
 根本原因は
  ✔雇用と収入が不安定
  ✔長時間労働
  ✔結婚子育ての仕組み不全
  ✔老後の心配が今を圧迫
 などであり、
 社会の仕組みの基本を変えることも必要と考えます。

21


 
 
--------------------------------------------------------------
以上でこのパートを終わりますが、社会の仕組みを変えるには
個人、家族、コミュニティ、企業、政治など、さまざまなアクターが
関係してきます。
 
 
また、「地域コミュニティ」による解決策は
D1 「地域コミュニティの可能性」で述べていきます。

D1 「地域コミュニティの可能性」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D1 「地域コミュニティーの可能性」

このセッションでは
 人が活き活きする社会とはどのようなものか?
 そのために地域コミュニティをどう活かしていくか?
ということを考えたいと思います。

第8回検討会プレゼン資料は下記になります

⇒「人が活き活きする社会とは」  (中山
 
⇒「地域コミュニティの可能性」  (菊池

==============================
<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p>
 未来に希望を持てる社会をつくるには
  生活の基本がしっかしていることではないでしょうか?
 
  ・つまり”・“住”が誰でも手に入れることができる社会です。

20090918


 
 
◎人を大切にする社会は
 ・命の始まりである出産・育児が安心してできる
 ・次世代を育てる教育がしっかりしている
 ・誰でも就職・結婚ができる
 ・住むところの心配がない
 ・雇用・生活の不安がない
 ・適切な労働時間が守られる
 ・医療・介護を誰でも受けられる

22

 
これらを実現するには、生活の基盤となる
地域がくらしの基本をつくることが必要だと考えます。

23

 
<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p>
★どうすれば、このようなコミュニティをつくれるか
  皆で考えたいと思います。
 
個人、家族、コミュニティ、企業、政治、さまざまなアクター
が考え方を共有して動き出すことが求められます。
 
====================================
 
 ■地域コミュニティの可能性 ・・・菊池 真紀子
  =コミュニティビジネスで地域を元気に=

1_2


<p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p>●コミュニティビジネスとは
  CB=Community Business

2_2

 
●コミュニティビジネスの4要素は
 ✔ ビジネス=事業性
 ✔ 市民の思い
 ✔ 地域課題解決
 ✔ 連携・協働

3_2

 
●ソーシャルビジネスとは
  SB=Social Business
 
 [社会性 ] x [事業性 ] x [革新性 ]=ソーシャルビジネス

4_2


日本のソーシャルビジネス
 ・市場規模  約2, 400億円(推定)
  ⇒数年後には 10倍ほどの規模に
 
 ※ イギリスでは  5.7兆円 (20倍以上)

5_2


 
 
【事例1】地域産業

6_2

【事例2】子育て支援

7_2


【事例3】人材育成雇用創出

8_2

【事例4】中間支援

9_2

 
≪参考≫ソーシャルビジネスとコミュニティビジネスの関係

10_2

 
<p><p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p></p>
≪今後の課題≫
 ✔ 社会的認知度が低い
 ✔ 積極的に社会的課題解決の事業主体として
  支援していく体制が整備されていない
≪解決の方向性≫
 ✔ 本当に地域の課題を解決できるのかを考え続けること
 ✔ 社会に必要なことだからといって、妥協や甘えは持たないこと
 ✔ 自分以外の人々と協力・協調・協働がかかせない
 ✔ 志を持つこと、志をわかりやすく伝えることができること

11_2

<p><p><p><p><p><p><p>スライド 3</p></p></p></p></p></p></p>
≪まとめ≫
地域活性事業に必要なこと
成功の秘訣
 
 ✔ 「資源」「当時者意識」「アイデア」
 ✔ プラン、 スキル、 ネットワーク
 ✔ 仲間、情報、三つの「気」 
              →やる気、根気、元気
 
 

12_2

=========================================================

以上で、「地域ビジネスの可能性」です。

検討会のディスカッションは以下をご覧ください。

⇒D2 「グループディスカッション」

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)